LINEで個別アドバイスが受けれます♪

筋トレで見た目が変わるまでの期間は『3ヵ月』です【1日30分でok】

こんにちわ、りょうです。

筋トレをとにかく3ヵ月続けたら、体の変化を感じる事ができました。
今では短いスパンで変化を感じられています。

先日このようなツイートをしました。

https://twitter.com/_RYO_Workout_/status/1147390799585263617

筋トレの効果が出るまでの期間は3ヶ月です。
初心者の方はかなり長く感じるかもですが、習慣化してしまえば意外とあっという間ですよ。
3ヶ月後からは、短いスパンで見た目の変化を感じれるので、最初の3ヶ月が勝負ですね!
頑張っていきましょう。

体験談を交えつつ、筋トレで見た目が変わるまでにするべきことをお話します。

筋トレで見た目が変わるまでの期間

筋トレで見た目が変わるまでの期間は3ヵ月です。
その後は、短いスパンで効果を感じる事ができます。

3ヵ月頑張ると、少しだけ見た目が変わる

個人差はありますが、大半の人は3ヵ月ほどで見た目の変化を感じれます。
見た目の変化といっても、周りの3割くらいの人が気づくくらいの変化です。

人によっては、もう少し早く効果が出ることもありますが、基本的にはこんな感じです。

大半の人はこの3ヵ月で挫折するのですが、勿体ない…
筋トレを3ヵ月継続すれば、その後は早いスパンで筋肉が付いていくからです。

6ヵ月でかなり見た目が変化する

3ヵ月では、少ししか見た目は変わらないですが、その後は筋肉が付く速さが加速します。

6ヵ月くらい頑張って筋トレすれば、確実に男らしい体になれます。
下の画像のような感じには、なれると思います。

なので3ヵ月頑張って挫折するのではなく、6ヵ月は頑張ってみて下さい♪
ただ、適当にやっていても筋肉は付かないので、戦略的に筋トレしましょう。

パワーは3ヵ月で飛躍的に向上する

3ヵ月の筋トレで見た目は少ししか変化しません。
逆に、筋力は3ヵ月で大きく変化します。

例を挙げるとこんな感じです。

ベンチプレス 30kg⇒50㎏
フルスクワット 60㎏⇒90㎏
デッドリフト 90㎏⇒120kg

始めの3ヵ月は、こんな感じで重量がどんどん上がるので楽しいです。
なので、最初は重量が上がることでモチベーションを維持するといいですよ♪

1日30分でも十分に効果がある

仕事などが忙しいと、筋トレの時間が作れないことが良くありますよね。

でも、やり方次第では短時間の筋トレで見た目を変える事ができます。
短時間の筋トレは以下のことを意識しましょう。

その①:短時間で回数を多くする

その②:毎日筋トレする

このことを簡単に説明しますね。

その①:短時間で回数を多くする

例えば、こんな感じです。

腕立てを限界までやる⇒1分休憩⇒3回繰り返す

こうすることで、筋肉に短時間で負荷をかけることが出来ます。

1つの種目に5分もかからないので、30分で6種目以上出来ますね。
このようなトレーニングは、30分で全身を鍛えることを意識しましょう。

その②:毎日筋トレする

その①で説明したように、軽度のトレーニングでは超回復が追い付きやすいので、毎日筋トレしましょう。

ひとつの部位に集中してしまうと、回復が間に合わないので、非効率です。

もし、筋肉痛で筋トレできない時は、休養することをおススメします。

※筋トレ後のストレッチは必ず行いましょう。

筋トレを3ヵ月しても見た目が変わらない時の対処法

筋トレを3ヵ月しても見た目が変わらない時は、以下の点を意識して筋トレしましょう。

①筋トレの強度は適切かどうか

②食事量は適切かどうか

筋トレを3ヵ月しても、変化が感じられない場合はこのどちらかが原因として考えれます。

それぞれの適度についてお話します。

筋トレの強度は適切ですか?

最初は20回が限界だった腕立て伏せも、3ヵ月続けていれば50回くらい出来るようになりますよね。

それなのに、最初と同じ20回をずっと続けても、筋肉はデカくなりません。

筋肉に負荷がかかっていないからですね。

なので、自分に適した強度で筋トレする必要があります。

とにかく限界まで追い込むことが重要です。

食事量は適切かどうか

よくある話ですが『筋トレにはタンパク質!』と言って、ささみばかり食べる人を見かけます。

タンパク質をいっぱい摂取することはいいことですが、正直非効率です。
特に痩せ型の人に言えます。

痩せ型の人は、とにかく炭水化物(ご飯とかパスタ)を食べて脂肪を増やしましょう。

逆に、太り気味の人は、バランスの良い食事を心がけましょう。
例えば、お魚定食みたいなのが良いです。

こういった感じで、適切な食事管理をすれば、成果はおのずと出てきます。

筋トレにおいて、努力は裏切らない

こんな感じで、今回は以上です。

努力してもどうにもならないことは多いですが、
筋トレに関しては、やれば成果が出ます。

効率が良くても悪くても、
どちらにしても筋肉は大きくなってくれます。

なので、頑張っていきましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です