LINEで個別アドバイスが受けれます♪

部活をサボる言い訳5選!絶対にバレない方法とサボる時の注意点

今日は、部活に行きたくない、気持ちが乗らない。そんな時に使える部活をずる休みする際の言い訳を5つ厳選して紹介します。ここで紹介するのは、絶対にバレなくない!そんな人にオススメのサボり方です。サボることに全力を尽くしましょう。

こんな人にオススメ!

・確実に部活を休みたい人
・絶対にバレない方法がしりたい人
・怒られないサボり方が知りたい人
・サボることに全力を尽くせる人

絶対にバレない言い訳一覧(当日編)

サボるという行為は、当日になると難易度が飛躍的に向上します。僕もこの厳しさをよく知っているので分かります。しかし、当日だからこそ使える言い訳があります。それをご紹介しますのでご覧ください。

言い訳一覧 おすすめ度
≫体調不良(頭痛・腹痛・風邪) ★★★★★
≫部活の道具の修理 ★★★
≫試験対策 ★★★

『シンプルに体調不良』が最も休みやすく効果的!

シンプルですが、僕の経験上『体調不良』が最も休みやすく、顧問・監督の真理効果を利用できる最高の言い訳方法であると断言します。

体調不良が最も効果的な理由を解説すると、顧問の真理状態がポイントとなります。まず、体調不良は誰にでも起こりうる可能性があり、真面目な選手やプレイヤーが実際に休む際に使用する理由のひとつでもあることから、信頼性の高いサボる口実と言えます。

また、顧問の先生からすると、体調不良の選手を練習に参加させることは自身の首を絞めるようなものです。体調不良の選手を参加させたと学校側、あるいは親御さんに知られた場合、責任問題に発展します。

つまり、顧問側からすると、体調不良の選手を練習に参加させるのは、とてもリスキーなことなのです。そして、そのような顧問が行きつく思考は、頼むから休んでくれ。帰ってくれ。です。

自身が懇願せずとも、『体調不良』という一言で、監督自ら休んで欲しいと思わせる最高の一手なのです。

部活道具の修理を理由にサボる

この方法は、他の選手と共有できない道具を使用する部活のみ使える口実です。そのため、『陸上競技』や『空手』『剣道』などの部活では使いにくい言い訳方法です。

また、部活道具の修理で休みたいといった場合、確実に休める保証がないため、おすすめ度は★3となります。ただ、この方法の利点として、監督からの信頼性は失われないことが挙げられます。

道具の消耗は、しょうがないことなので、監督から『体調管理が出来ていない』などの信頼を失うことは無いと言えます。

なんとなく今日やすもっかな~くらいの気持ちの時にオススメの言い訳です。

試験対策を理由にサボる

何か大切な試験や就職活動が控えている場合は、試験対策を理由に部活をサボることが可能です。ただし、学校で試験対策を行うように指示される可能性もあるため、リスキーな理由になります。

ただし、この言い訳の良い所は、日数を指定して長期で休みを獲得できるところにあります。例えば、『今日から3日間、試験勉強(就職活動)のため部活を休ませてください』などと、日数をあらかじめ決めてサボることが出来るのです。

もし、学校に残って行うように指示された場合は『必要な資料が家にあるため、帰らしてください』と強行突破するといいでしょう。

絶対にバレない言い訳(前日編)

前日や、日時を指定してサボる場合は、難易度がかなり下がります。かなりチョロいので、様々な言い訳方法がありますが、その中でも効力の強いモノをピックアップしてご紹介します。

言い訳一覧 おすすめ度
≫家庭の事情 ★★★★★
≫親戚が亡くなった ★★★★

『家庭の事情』は、休みやすいだけじゃない!

『家庭の事情で休みます』この言い訳は、一見適当そうで、休めなさそうですが、実はかなりオススメの言い訳です。この方法も、監督の真理効果を利用したテクニックです。

『家庭の事情』という1つのワードから顧問は『ご家族の死去』『家庭事情が複雑』などと言った、聞きづらいことを連想します。そのため、了承せざるを得ないキーワードなのです。

また、家庭の事情を言い訳にした時、何があったのか聞かれたても、事前に用意しておいたシナリオを言い訳として使用すれば完璧に休むことが可能です。まさにパーフェクトゲームです。

何があったのか聞かれた際は『親戚が亡くなった』と言えば、監督は聞いたことへの罪悪感と自身への不甲斐なさから『そうか、わかった』と言うしかありません。

『親戚が亡くなった』は、制限回数があるが効果的

親戚が亡くなったというのは、奥の手ですが99%休める必殺の言い訳方法です。しかし、親戚に何人も死んでもらうのは、心が痛むため、上記の『家庭の事情』と合わせて使うのが良いでしょう。家庭の事情と言った際に、何かを聞かれた時だけ使うようにしましょう。

サボる時、絶対にしてはダメなこと

サボる時は、全力でサボる。それは、サボる人の責任でもあります。サボるなら絶対にバレないように手を打ちましょう。下記にサボる際の注意点をまとめますので、参考にしていただければと思います。

絶対ダメなこと
1.部活を休んだ日のSNS(TwitterやInstagram)への投稿
2.自ら公言していしまう事
3.一目の多い場所で遊ぶこと

特にSNSへの投稿は要注意

部活をサボった時は、絶対にSNSへの投稿は行わないようにしましょう。僕の経験上、サボるのがバレる人は、ほとんどがTwitterなどの投稿が原因です。

また、友達などに『今日サボる』などと言った事を言うのはあまり良くありません。顧問に情報が行くことは少ないですが、選手同士で情報を共有される可能性が高く、今後の部活動での居心地が最悪なものになります。

あとがき

自身の経験をもとに、サボり方を徹底解説してきましたが、最後にアドバイスをさせてください。サボるなら徹底的にサボりましょう!

サボった後は、サボった事実を消せません。サボった一日をどれだけ充実させられるかがあなたに課せられる課題です。それでは、最高の一日をお送りください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です